(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校ムーンリーフ(MoonLeaf)
大阪府池田市栄本町7-1(阪急宝塚線池田駅徒歩8分)
大阪市中央区谷町6-11-32(地下鉄谷町線谷町6丁目駅徒歩3分)
  1. 10005 NIKKAエッセンシャルオイル薄荷と「私」(2017_04_02)
 

10005 NIKKAエッセンシャルオイル薄荷と「私」(2017_04_02)





台所薬局:「香り(エッセンス)と私」というタイトルで
MoonLeafスタッフがコラムを更新します。
(使いかたやブレンド方法も!)




春は好きですか?
ポカポカと暖かい春は、冬の重たいコートを脱いで
身体が軽くなる。清々しい風が吹き抜けるたびに、背中をぐーっと伸ばしたくなる。
外を歩けば、サクラが咲いていて、心も浮き浮きしてくる。
何かを始めたり、環境が変わったり。
ドキドキ&ワクワクが同時にやってきて、刺激的な日々を予感させる。
気持ちの切り替えが進みやすい春は、気持ちも前進しやすい。

だけど・・・春が苦手な方もいらっしゃるはず!
そう!それは!花粉症の方!
ウキウキしたくなる。ワクワクしたくなる。ドキドキしたくなる。
春は、そんな季節。知ってる。わかってる。
桜が咲くのは、やはり日本の美。その儚げな美しさを見逃したくなくて、花見だってしたい。
これは、春の楽しみ。だけど、外はコワイ・・。
だって、花粉症、いつだって、どこだってツライものは、本当に辛い。

薬を飲めば、局所的に治ります。だけど・・・「それでいいのかな?」とも思ってしまう。
「この先、ずっと薬を飲み続けなければいけないの?」・・・と。

まずは、薬と併用しつつ・・でも構わない。自然療法としてできるケアをはじめよう。
それが、薄荷の精油。そう、NIKKAの薄荷です。


薄荷メインのアロマミストを作って、ムズムズしてもしなくてもマスクをつける時
ひと吹き、マスクにシュー!っと

これだけ?たった、これだけ??と思われるかもしれませんが、
これが続く秘訣!本当に、とっても簡単!

スタッフ同士、春の薄荷。夏以上に人気かもしれません。

これで、春とも仲良くすごせます。


香りのレシピ:「花粉症対策ができるアロマミストの作りかた」


ー材料ー
30ml遮光瓶・無水エタノール3ml
精製水27ml・
花粉症対策できる精油あわせて10滴
(薄荷・ティトリー・ユーカリ・ラベンダー・ペパーミントなど)
ーつくりかたー
1)30ml遮光瓶の中にすべてのの材料を入れて、良く振る。
2)防腐剤入っていないため、90日程度で使い切る。

written by MoonLeaf ikeda /tanimachi Tomoko Kinoshita



コラム紹介の精油(エッセンシャルオイル)はこちら↓
商品名:NIKKA 薄荷エッセンシャルオイル(3ml/\2000 5ml/\2300 10ml/\4500 100ml/\40000)
(公益社団法人日本アロマ環境協会 表示基準適合認定精油)
学名:Mentha arvensis
抽出方法:水蒸気蒸留
抽出部位:葉
原産国:日本
原産地:北海道

[使い方]
ーお肌につかうー
キャリアオイル10mlに対し、精油2滴をよくかき混ぜて
使用してください。
ー空間につかうー
畳1畳に対し、精油を1〜3滴をディフューザーに入れて
使用してください。
ーお風呂につかうー
日本酒大さじ1杯に精油を3〜5滴入れてよくかき混ぜて
使用してください。
ー暮らしにつかうー
遮光瓶30ミリ(アルコール3ml・水27ml・精油5〜15滴)
を加え、使用してください。
[注意点]
・原液を皮膚につけないでください。
・絶対に飲用しないでください。
・お子様の手の届かないところに保管してください。
・火気には十分ご注意ください。